性欲を発散するにはやはり風俗は外せない!まずは体験談を読んで気持ちを高めましょう!

羞恥対決か。

投稿日:2016年4月14日

クンニをする前に、まずはじーっと秘部を観察する。視線に弱いのか、「やだぁ……見られているぅ」といって恥ずかしがっていました。そして優しく右手の人差し指だけを穴にそーっと入れてみるとビクッと反応。第一関節までの挿入で愛液がだらだら出ていました。前戯って大切ですね。指マンをする前にも、ちゃんとムード作りはした方がいいと、このとき改めて実感しました。弄りまわしていると、ぬちゃっとエロい音が次第に大きくなっていく。愛液がもうベッドにシーツを濡らしてくれます。興奮も極限に達し、そろそろ自分も扱いてもらいたいなと思い、ソッコーでデリヘル嬢をイカせて交代しました。「今度はこっちからの攻撃ですよ~」と、さっきまでの羞恥を2倍にして返そうと、僕にちんぐり返しをしてくる。ちんぐり返しは初めてで、ちょっとビビったけど冷静さを掻いたら向こうの思うつぼだと思い、極力冷静にしていました。最後にアナル舐めと手コキで発射。恥ずかしくないの?って最後に聞かれて、実はかなり恥ずかしかったと答えた。

視界真っ暗アイマスクプレイ

オプションが豊富なデリヘル店は、どのようなプレイをするか選ぶだけで何時間と時間がかかってしまいますね。末に辿り着いたプレイがアイマスクです。これは無料でできるし、なんとなく興味もあったので。アイマスクとは、その名の通り目のマスクです。つけると視界が真っ暗になって何も見えなくなります。シャワーは各々に、僕がシャワーから上がると、次はデリヘル嬢がシャワーを浴びに行く。その間、僕はアイマスクを付けてベッドで眠りはじめました。それからデリヘル嬢が忍び寄る。アイマスクで視界が真っ暗な僕に向かってキスをしてきます。何も見えない状態でキスをされるのは結構興奮しますよ!抱き着くと、おっぱいの感触があった。それからも耳、乳首と舐められて流石に我慢できなくなる。「お願い、フェラして……」情けない声で懇願し、フェラをしてもらうこと1分足らずで射精してしまう。それからもアイマスクはつけたままのプレイでした。今度は拘束とかされてみたいですなぁ。