性欲を発散するにはやはり風俗は外せない!まずは体験談を読んで気持ちを高めましょう!

男は動かずジッとしている

投稿日:2016年5月17日

男はなにもしなくていい。そんなコースがあります。ひたすらベッドに倒れたまま、デリヘル嬢がいろいろ奉仕してくれるコースがあり、それにハマっています。全身を舐められまくってから、90度直角に勃起したアソコをローション使ってぬれぬれにしてシコシコです。そのまま騎乗位素股を味わう。これが気持ちいい。陰毛の感触を勃起したペニスで味わい、興奮しまくってしまう・・・・・・。射精したら僕はしばらくムスコが動かなくなります。再び興奮を取り戻すためにデリヘル嬢を今度はこっちから責めてみる。男はひたすら寝てればいいわけですが、やはり豊満なボディを見せつけられたら責めずにはいられなくなる。「どうしたんですか?」と、起き上がる僕に問いかける。「いや、ちょっと攻めたくなって・・・・・・」「え~、寝ててくださいよ~(笑)そうだ、嫌じゃなければ顔面騎乗のクンニをしてもらえませんか?」といって、顔面に圧迫してきました。う~ん、見事に動かずプレイが終えられるなぁ。

喘ぎを我慢する必要はない

仕事の疲労で、最初元気なくてちょっと会話が続かなかったりして気まずい雰囲気でしたが、シャワーを浴びてお互い全裸で絡み合っていくうちに徐々に元気を取り戻していき、シャワーを浴びた後はもうコミュニケーションもちゃんと取れるようなってよかったです。ベッドではデリヘル嬢にのしかかりながら全身を舐めまわす。乳首を舐めていると喘ぎ声を殺すような声を出していました。「どうしたの?」「いや、私の喘ぎ声、ちょっと大きいから恥ずかしいんです」とのこと。「そんなこと気にしなくてもいいよ。気持ちいいなら、ちゃんと受け入れないと!」「うん・・・」そういって、それからはもう鳴きまくってくれました!クンニをしているときが一番声が大きかったですね。大きいと言っても、普通の女の子と何ら変わりありません。クンニを終えて、そろそろ僕も攻撃されたいところ。フェラをお願いして舐めてもらいました。あまり上手とは言えないフェラだったが、快楽は快楽。顔面射精して顔にぶちまけました。